G- CAST Architects

G-CASTとは

toshio ohshita

一般住宅から公共施設・商業施設まで幅広く手がけ、2008年には結婚式場でマロニエ建築賞の受賞(景観奨励賞)もしている栃木県にゆかりのある建築家。

osamu sano

常に周囲との調和、景観や風土を大切にしたデザインを重視。狭小住宅から、スケール感ある住まいまで、柔軟性のあるプランを幅広く手がける。

takuya hasegawa

家を、生涯にわたって住み手を包み込む「衣」と捉える建築哲学。彼が手がけた家からは、美しさと、風と光・素材の要素を大切にする考えが、随所に現れている。

kazuki okamoto

風景を切り取り、暮らしの中へと取り込むことを得意としています。日々心地よい空間から、窓の外を眺める時間こそ、住み手の暮らしそのものなのです。

naoki kumakura

仕事の中で、大切にしていることは「建築家にはならないように。良い設計者になれ」という、ある設計事務所でお世話になった人の言葉。

syohei kariya

朝日と小鳥のさえずりで目覚めたとき、縁側でうたた寝をするとき、家族が帰ってきたとき、みんなが集いあたたかい夕食を食べるとき、そこに暮らすシーンを思い描き住まいに光と風を考える。